2012年 08月 23日

生麹で醤油麹と塩麹の正しい作り方

b0221506_150994.jpg




本日も気温が上昇中の日本列島、連日暑いです。保険のお客様との約束がありましたが、「急な用事が」って事で延期になり、暇になったので、ブログ更新です。

塩麹を作ってブログ紹介した時、正しい作り方を紹介しますといいながら、
早、5ヵ月が過ぎやっとブログアップです。

b0221506_1501078.jpg




生麹真空パック500gです。

いつも、

「小田原EPO乾物屋マルサン市川」で買います。

住所: 小田原市栄町2-9-39 EPOビルB1階

ここのおっちゃんは、良く説明してくれます。

「麹菌は澱粉をブドウ糖に変える働きがあります。

かき混ぜることにより空気中にいる乳酸菌、酵母菌を取り込むことが出来ます。

また、掻き混ぜることにより濃い塩分濃度で食中毒菌、腐敗菌を死滅できます。」

こんな感じで教えてくれるんです。

それと、一番大事なのは常温保存だそうです。

ネットで検索してみると1週間~10日程発酵させたら

冷蔵庫で保存って載ってますが、間違いです。

実際、この猛暑な日々でも塩麹は腐敗することなく美味しく使い切りました。


醤油麹の作り方

生麹 500g

丸大豆濃口醤油 500cc

食塩 50g


塩麹の作り方

生麹 500g

水 500g

食塩 150g


どちらも2ℓ程度のタッパーなどに入れ混ぜます。

毎日掻き混ぜます。

10日程掻き混ぜながら発酵してから使います。

醤油麹は醤油だけだと塩分量が7~8パーセントと少なめなので

安全のため50gの塩を加えます。

腐敗菌の生きられない量の塩を入れます。

使い切るまで毎日かき混ぜながら常温に置きます。

美味しいからとたくさんは食べないように!

塩分量が高いので。

ちょっとを毎日の食卓にどうぞ!

一番最初の画像は晩酌しながらの醤油麹を仕込んだ直後の画像です。


b0221506_1501195.jpg




こちらは、塩麹を仕込んだ直後です。


小田原で塩麹、醤油麹を仕込みたい方は

マルサン市川で生麹を買ってみては?

おっちゃんが詳しく作り方を教えてくれます。


明日の朝飯はお刺身を醤油麹で食べたいな~!




ランキングに参加中です。
下のバーナーをクリックして下さると嬉しいです。



にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




スパイスブログ認定スパイス大使
スパイスブログ認定スパイス大使





marueキャンプ場オープン!

ezBBQ country – cabins & camping
神奈川県南足柄市 金時山麓 夕日の滝 にあるキャンプ場


[PR]

by Pesce0414 | 2012-08-23 19:46 | ソース・タレ・ドレッシング | Comments(3)
Commented by さすけ at 2012-08-24 06:14 x
生卵かけごはんも美味しいよ♪醤油麹でね♪
Commented at 2015-11-11 16:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pesce0414 at 2015-11-15 01:54
> あかさたなさん
自分はいつも500gの生麹で仕込んでます。醤油はせっかくなので丸大豆醤油を使って下さい。毎日かき混ぜると酸素に触れて菌が繁殖して美味しくなるって味噌屋さんに言われました。発酵させるほどまろやかで美味しくなります。冷蔵庫に入れると発酵が凄く遅くなり美味しくなりませんよ~。


<< 青貫水産の塩辛と日本酒「頼朝船...      牛ステーキは醤油麹で素敵! >>