いつも心に太陽~シカのレシピ萬覚帳

shikapoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 24日

千葉から鹿児島に2泊3日のぶらりひとり旅其の壱(出逢い)

b0221506_20202464.jpg



3連休(2月13日から15日まで)なので何処に行こうかな〜
直前まで冬山に行こうか?
悩んだ末、
100名城のスタンプラリーにしました。
愛媛の安いツアー見っけ!
愛媛県には日本城郭協会が選定した100名城が5つもあるんです。
この3日間でスタンプ5個を狙ってましたが、
このツアーは売り切れ御免っての事で諦めました。
なにせ出発の3日前でしたし、、、
どうしようかな〜と思って
同じツアー会社のHISの安いツアーを探してたら見つけました。
成田発〜鹿児島2泊3日
レンタカー1日分とホテル2泊で朝食付き1人¥23400
出発の2日前に決まりました。
鹿児島行きが朝発なので京成八幡駅始発、、、
仕事が終わって深夜2:00に帰宅したけど、
起きれないと嫌なので寝ないで行ったよ!
まぁー機内で寝れば良いじゃん!
飛行機はLCCのジェットスター
成田空港の第3ターミナルにLCCはあり
最寄りの駅から15分ぐらい歩く事になります。
搭乗手続きして、手荷物検査してと
ギリギリのスケジュールで出発前は忙しかった。


b0221506_20202436.jpg


いよいよ 機内に太陽が昇ったばかりで
天気も良く最高で飛行機が光ってたよ。
予定通り7:15に出発
さて 機内で寝ようかな〜通路側のシートで外も見えないしな。
しか〜し 気分が高揚して眠れん、、、疲れて眠いのに。
結局、一睡もしないまま 鹿児島に到着9:25
鹿児島市内までどうやって行こうかな〜と思い
観光案内で電車の経路を聞いたら駅はないらしく
市内までは高速リムジンバスで移動するみたいなので
¥1250払い鹿児島市内に。
10分置きにバスがあるので、
とてもこれは便利です。
途中10分ぐらいうたた寝したので頭がすっきり。
ホテルに連絡してチェクインの時間を聞いたら1:00、、
ちょっとホテルで昼寝したいな〜と思ったけど
まだ、11:00頃なので、
とりあえず 昼飯食べようかなと思ったけど、
お腹空いてないしな〜とぶらぶら歩いてたら
映画館を発見したので映画館で仮眠する事に!
なんでも良かったのですが 1度観た『君の名は』にしました。
1度観て とても面白い映画だったけど
2回目なので観ないで寝ちゃお〜と思ってたけど、、、
寝れないじゃん。
そして、しっかり同じシーンで涙も流してるし、
観え終えホテルまで歩いて昼寝してから
市内の繁華街「天文館」まで繰り出して飲み歩きしようじゃん!
と思ってましたが、
歩くの好きだから凄い遠回りして
ホテルに着いたのは暗くなってからでした。
今日は、疲れてるからホテルで呑みながら食事してさっさと寝る事にして、
朝 早くから行動することにしたので
ホテル内にある日本料理&鉄板焼 「しらがね」で食事タイム。
とりあえず生ビールを頼んで つまみは、

b0221506_22205728.jpg



旬ではないけどキビナゴのお造り¥800
キビナゴはこちらの名物らしい。
地鶏の炭火焼 これはいくらか?忘れちゃった。
生ビール3杯飲んだとこで、
やっぱ芋だな!
鹿児島に来たんだから!
芋焼酎2号を注文してお湯割り。
薩摩健康一番鶏の唐揚げ ¥700


b0221506_21094195.jpg




黒豚も有名ですよね〜
桜島溶岩のプレートで焼くんです。
黒豚の溶岩焼き ¥1200
美味しい〜!こうやって焼くのは楽しい。
この桜島溶岩プレートが欲しくなっちゃったじゃん。
でも 独り身だから買っても家ではやらんな〜。


b0221506_21094293.jpg



薩摩揚げは薩摩芋と人参が入っており ¥600
火は落ちてるけど 溶岩プレートの余熱で温めて
更に美味しくして頂きました。

さて チェックインして部屋で寝よう。


b0221506_21094317.jpg




しか〜し 酒が入ったら疲れてるの忘れた馬鹿は、
部屋に行かないでタクシーに乗っちゃった。
ベストウエスタンレンブラントホテル鹿児島リゾートから
天文館までだと15分ぐらいかかるらしい。
「じゃ〜この辺で飲めるとこに連れてって」と
タクシーの運ちゃんにお願いしたら
騎射場って場所に連れてってくれました。
お腹もいっぱいなのでBarがないかな〜と思い
散歩して見つけたのが
『BAR BILBAO』
実は今回の旅行のターニングポイントのお店です。
店内に入ると
カウンターに女性がひとり座ってマスターと会話してました。
自分もカウンターに座り(確か?カウンターしかなかった。)
とりあえず「生ビールお願いします。」と注文。
するとビールはないって!
ウィスキー専門のバーでした。
ありゃ 大変だウィスキーしかないのかと思いつつ
良くウィスキーは分からないので、マスターチョイスで注文

b0221506_00443241.jpg



最初は ど〜ん 鹿がでてきた〜
マスターやるな 鹿だけに鹿のラベルは嬉しい
ダルモア12年 ストレート 美味しいじゃん。


b0221506_00443214.jpg



続いて ハイボールが飲みたいってリクエストしたら、
岩井トラディションワインカスクフィニッシュのハイボール
お洒落なハイボール この辺りから
カウンターの女性とマスターと三人で
会話が始まり楽しく飲んでます。
鹿児島弁の女性は良いね〜!

b0221506_00443360.jpg



続いて
マルス駒ヶ岳2013 シングルカスク アメリカンパンチョン(イーパワー) 
ホテルで散々食べたのに満腹中枢が馬鹿になり、
お腹が空きだした。
ラーメンを食べたいな〜けど
酔っ払いで外に出ても辿り着く自信がない。


b0221506_00443341.jpg



最後は、Lagavulin16を贅沢にハイボール
ラーメンに連れてってとカウンターの女性にお願いすると
心よく引き受けてくれました。
それにしても、ここのマスターは変態だ。
ウィスキーしかないなんて、
でも、ウイスキーしか置かないって信念は凄いぞ。

b0221506_00443398.jpg



そして、鹿児島美人と一緒に行ったラーメン屋さんは、
「サクラジマラーメン」
ラーメンをお腹に入れ安心したのか?
お店を出た記憶が全くない。
朝起きたらホテルのベッドの布団の上で寝てた。
良く知らない土地で記憶がなくて
チェクインできたもんだと我ながら感心。
そして 鹿児島美人と記憶が無いのにLINE交換してて
次の夜も飲む約束までしてたとは、俺は偉い







ブログランキング・にほんブログ村へ



[PR]

by pesce0414 | 2017-02-24 02:13 | 鹿児島 | Comments(2)
2017年 02月 18日

伊勢志摩の牡蠣『的矢かき』で焼き牡蠣はアイラ島スタイルのボウモアスプレー

b0221506_19322064.jpg


SNSの友達から伊勢志摩の牡蠣『的矢かき』が届いたので
ガスコンロのグリルで焼き牡蠣を楽しみました。
実は 昨年の落花生のシーズンに千葉の生落花生を送ったら
そのお礼として生牡蠣が届いた次第で、
ちょっと わらしべ長者的な嬉しさです。
独り身の自分では新鮮なうちに食べきれないので、
お店の常連様で飲みに誘われてる人達を
それぞれ都合の良い人を集め牡蠣パーティーを開催しました。

その前に いつも通りですが話が外れます。
先日 Ziru New styleダイニング
年末年始も営業したので、三連休になりました。
そして、ひとり旅に行ったのですが鹿児島は最高〜
引越しちゃお〜かなって気分です。
詳しくは、後日ブログアップします。


さて 美味しくスタイリッシュでクールな牡蠣の食べ方です!


アイラ島式 ボウモアスプレーの焼き牡蠣

(1人前 2個)

好きな生食用殻付き牡蠣

(今回は的矢かき 2個)


レモンカット 好きな大きさに切ったの 2個

ボウモア 好きなだけ
(今回は、BOWMORE 18 YEARS OLD)

b0221506_15215557.jpg



牡蠣の個体によって大きさが違うので火入れの時間は調整してください。


b0221506_15215695.jpg


両面グリルの中にそのまま並べて、上下の火力は共に強に設定します。


b0221506_15215674.jpg


はい 焼き牡蠣の出来上がり!



b0221506_15215783.jpg



仕上げにボウモアをアトマイザーに入れ好きなだけスプレーします。


b0221506_15215742.jpg


生で食べる時もお好みでボウモアスプレーをどうぞ。
自分は、生牡蠣は好きだけどノロウィルスが怖いので食べません。
お店でお客様に感染ると大変ですからね。
この日に牡蠣パティーに集まってくれた仲間が美味しく平らげてくれました。
普段アイラ系のウイスキーが苦手な人も美味しいって満足顔でしたよ〜。

ボウモアがあるアイラ島のレストランでは、
牡蠣にボウモアをドバドバかけるそうです。
何個か食べるとそれだけでも 酔っちゃいそうだけど 楽しいだろ〜な!
いつかは本場で味わいたい。

過去のガスコンロを使ったレシピはこちら


ポチっと1日1回お願いします。



レシピブログに参加中♪

Top Food Blog




ブログランキング・にほんブログ村へ










[PR]

by pesce0414 | 2017-02-18 15:38 | 魚介料理 | Comments(0)