タグ:明石 玉子焼き 本家 きむらや ( 1 ) タグの人気記事


2016年 02月 15日

日本100名城の明石城と人生初の明石焼き 関西城巡りその2

b0221506_722627.jpg


帯郭と坤櫓

2013年11月7日の事です。

ここの撮影ポイントがいちばん好きかな

ここは、日本100名城のひとつ明石城です。

Snap Dish城好き同好会の会長ポチコの案内で

メンバのー肉めがちゃんとの姫路城と姫路おでんを堪能し、

この日2つ目の城巡りです!

天空の白鷺姫路城の大天守修理と姫路おでん・関西城めぐり1

b0221506_7221213.jpg


姫路駅から明石駅で下車、

ここは、すげ~

駅のホームから明石城が見えるじゃん!

テンションあがります。

b0221506_722732.jpg



菊まつりが開催され 目立つ作品が

『明石ダコ』

足の躍動感もあり

実に愉快な作品。


b0221506_722867.jpg




本丸南面の睨みを利かせてた二基の三重櫓

右が巽櫓(たつみやぐら)

右が坤櫓(ひつじさるやぐら)が現存し

国の重要文化財に指定されてるらしい。

明石城は姫路城に次ぐ関ヶ原の戦い後に西側諸大名を威嚇するために

1617年に

信濃松本藩主の小笠原忠真は明石城主になれと徳川から命令され

面倒くさいけど引越ししたんだろうな~

だって 今時分の時代でも引越し業者を利用しても引越しは面倒なのに

この時代の引越しって途方もなく大変だったろうな。

船山城に引越しその後

2代将軍徳川秀忠が譜代大名10万石の居城として

(俺は秀忠が嫌い、、真田家を許さなかったからな~)

偉そうに築城命令

当時の、大名はたまったもんじゃない。

巨額の財を投じて築城しなきゃいけんし

大名の財力を削いで軍事力もそれに伴って低下するし、

逆らえないよう、飼い殺しだよ。

忠真も参ったな~と思いながらもお家存続のためには

徳川に逆らえないので

長い物には巻かれろの気持ちだったろ~な。

この時代は、徳川から無理難題を押し付けられた

大名達の築城ラッシュだったので、

そのための太い木が足りなく困った大名が沢山いたとか

太い木ほど乾燥に時間もかかるしな

そこで、
1615年に一国一城令によって廃城になった

三木城、高砂城、枝吉城、船上城の柱と梁とかを使ったそうな。

伏見城からの移築された坤櫓

船上城からの移築された巽櫓

彦にゃんで有名な彦根城も

そんな感じで小谷城などの木材を再利用したそうな。

城巡りのあとは

明石ご当地グルメでしょっ!

明石城とは駅の反対海側の商店街に

が~ん ぽちこおすすめの明石焼き屋は

定休日、、、

お前~なにやってんだよ~と

心の中で肉めがちゃんと思いながら

(肉めがちゃんは思ってないかも?)



b0221506_7221099.jpg


残念、、、、

玉子焼き 本家きむらや

しょうがないので、営業してるお店に

b0221506_7221050.jpg



仕方なく違うお店に

でも、感動したね

初体験の明石焼き

ご当地では玉子焼きって言うらしい

見た目はタコ焼き感覚なんだが

ふわふわ触感

出汁につけて食べるけど美味しいじゃん。

いや~美味しかった。

この後は、宿泊先の大阪に戻って

Snap Dishメンバーとイタリアンの『THnE SKY』でオフ会

美味しくて楽しかった。

残念ながらスマホのバッテリー切れで数枚しか撮影できず

この続きは、長浜城、小谷城、彦根城、観音寺城、大阪城と

二泊三日で巡りしましたが

更新はいつになることやら、、、






[PR]

by pesce0414 | 2016-02-15 20:39 | 日本100名城 | Comments(0)