タグ:箱根神社 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 11月 20日

秋の箱根旧街道を箱根湯本から箱根神社まで!

b0221506_1316359.jpg



久しぶりに山歩きです。前回ブログで紹介した。

箱根湯本駅から箱根神社まで旧街道を歩くの時は楓が陽射しの下で綺麗な緑を演じる梅雨前の初夏の箱根旧街道。今回は冬の訪れの予感の箱根旧街道でした。


2012年11月13日火曜日です!

仕事で火曜日しか休めませんので!

それなのにウォーキング仲間の「チーム歩む」のメンバーは仕事をサボってリーダーの休みに合わせ4人参加してくれました!

前の日楽しい遠足気分で早目に就寝しました。

当日は小田原駅のビック小田原提灯に9:00に集合です!

しか~し、メンバーのヒロから電話です。

なんと、9:15なのに寝てました。

げ~まじ?

お~リーダー失格だ!

(ちなみにリーダーですが、シカが43歳で一番年上ってだけでリーダーです。)

直ぐ追いかけるから先に歩いてくれと伝え

五分後には家を出て

小田急線富水駅9:36発で小田原駅に!

小田原駅から箱根湯本駅9:45発に

b0221506_13163610.jpg


10:00過ぎに到着です。

b0221506_13163818.jpg


箱根はエヴァンゲリオンの舞台とあって駅の階段を下りると

綾波レイが出迎えてくれます。

箱根限定エヴァ商品が売ってるらしい?

良かったら、箱根まで買いに来てね~!

b0221506_13163975.jpg


箱根湯本駅の箱根登山線の電車もシカと同じく出発です。

起床から何も食べてないので駅前のセブンイレブンで

サンドウィッチを食べながら歩こうかなと思ったけど、

パンは塩分が多いから

(小田原ヘルスメイトの講習で知った!塩分量を気にするようなったさ!)

ごはん物の納豆巻きを買いメンバーを追いかけです。

早歩きで追いかけ

追いかけ

箱根天成園 の前でメンバーと合流し寂しいひとり歩きから遁れました。


箱根パワースポットのひとつ「玉簾の瀧」を見てたみたいです。

この瀧は与謝野晶子も心打たれたのかな?

「山荘へ 玉簾の瀧流れ入り 客房の灯をもてあそぶかな」と歌にしてます。

(シカは一度も見たことありませんが!)


まずは、メンバーには遅刻を詫びて

みんなで、再スタートです!

b0221506_2582848.jpg





箱根湯本駅から一般道を歩いてここから山道の箱根歩きが楽しめます。

b0221506_13164099.jpg



七曲りの辺りは勾配がきついので、遊歩道は階段になってます。

ここの辺が一番きついかな?


b0221506_13164246.jpg



箱根旧街道を歩く楽しみは石畳です。


b0221506_13164358.jpg


芦ノ湖に近づくにつれ、標高が高くなるので紅葉、黄葉がだんだん綺麗になり心も楽しくなります。

b0221506_13164477.jpg


甘酒茶屋でいつもの休憩です。

b0221506_13164558.jpg


甘くない甘酒と磯辺巻きです。

平日ですが紅葉シーズンなので満席ではないが

前回より混んでました。

囲炉裏には火がはいってましたが、

それほど、寒くないので囲炉裏を囲む人はいませんでした。

b0221506_13164672.jpg


ここから、40分程歩いて芦ノ湖の元箱根に到着です。

麓は晴れだったのですが、

流石に山の天気は変わりやすい、風も強くなり、曇ってきました。

芦ノ湖に到着し、ゴールを目指します。

歩いて10分ぐらいかな?




そして、いつもの箱根神社の駐車場にある「お休み処」でお疲れさん会です。



b0221506_13164767.jpg


この日は五人で歩きました。

初参加のヒロとタカです。

帰りのバスの時間が近づいてきたので

店を後にすると


不思議と先程までの雲はどこやら?


b0221506_1316474.jpg


強い風が全て雲を持ち去った感じに、快晴となってました。

b0221506_13164924.jpg


帰りのバスは熟睡です!

やっぱり楽しいね!

箱根旧街道を歩くって!

時間があれば、箱根越えして三島まで行きたいのですが!


次回は三島から歩いて100名城の一つ山中城を見て

芦ノ湖まで歩きたいと思います。

b0221506_258293.jpg


残念ながらこの近辺の芦ノ湖からは富士山が見えませんが、

この日、まこりんが山中湖の画像を送ってきました。

b0221506_2583093.jpg


富士山が綺麗ですが、

芦ノ湖より山中湖の方が気温が低いようで

紅葉も綺麗です。

箱根の紅葉は今がピークかな?





ランキングに参加中です。
下のバーナーをクリックして下さると嬉しいです。



にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


スパイスブログ認定スパイス大使
スパイスブログ認定スパイス大使





marueキャンプ場オープン!

ezBBQ country – cabins & camping
神奈川県南足柄市 金時山麓 夕日の滝 にあるキャンプ場
[PR]

by pesce0414 | 2012-11-20 03:14 | 散策・旅行 | Comments(1)
2012年 06月 02日

箱根旧街道を箱根湯本駅から箱根神社まで歩く・後編

b0221506_053429.jpg


さて、箱根旧街道を箱根湯本駅から箱根神社まで歩く・後編です。

こちらからの続きです

箱根旧街道を箱根湯本駅から箱根神社まで歩く・前編

甘茶茶屋で紫蘇ジュースと甘酒を飲んだ後は

再び箱根旧街道に!


b0221506_054529.jpg


元箱根まで40分です。

しばらく歩くと石畳歩道が今まで歩いてた歩道と造りがちょっと変わってきます。

この辺りの歩道は

1863年孝明天皇の妹、和宮内親王が14代将軍徳川家茂のもとに

降嫁さえるにあたり幕府が時の代官に命じ

1862年に改修工事を完成させたものだといわれてます。

b0221506_1424068.jpg


平均3.6メートルの道幅に1.8メートルに石が敷きつめられていて

この地点から元箱根に至る約1キロに石畳が現存してます。

はっきり言ってここの石畳は凸凹で歩きにくいので

石畳を避けて歩きます。

b0221506_23431.jpg


権現坂に来たらもう芦ノ湖の元箱根は直ぐそこです。

b0221506_244565.jpg


下りの石畳になってきます。

b0221506_27092.jpg


元箱根に到着です。

箱根湯本駅から約3時間半です。

日が少し差してるのですが、雨が降りだしました。


ここを左折して箱根関所に行って戻って箱根神社に行きます。

b0221506_2165786.jpg


左折すると、直ぐそこに鳥居があり左手のセブンイレブンを過ぎると

杉並木の街道に入ります。

歩いててとても気持ちの良い街道です。


b0221506_2181943.jpg


この杉並木は、徳川幕府が、旅人に木陰を与えようと道の両側に植えたもので、東海道では唯一のものです。第二次世界大戦中、伐採されそうになったこともありましたが、現在では国指定史跡として保護され、芦ノ湖畔周辺の四地区に、約420本の杉が残されています。


その先には箱根関所があります。

江戸口御門から入り

b0221506_2293284.jpg


京口御門を手形は持ってないけど

無事に通過です。

さて、お腹も空いてきたので

箱根神社まで行きます。

b0221506_2315676.jpg

 
イトパロと来て以来の箱根神社です。

箱根神社・権現からめもちの「俺のうどん赤」





住所  神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80−1

b0221506_2353233.jpg



箱根の芦ノ湖に来たらここに必ず寄ってます。

権現からめもちの「きつねうどんの大盛り」です。

きつねがジャンボサイズです。

麺がモチモチしてます。

そして裏メニューの

b0221506_2375828.jpg



コーヒーフロートキャラメルシロップ!

せっかく歩き回ったのにカロリーオーバーだぜ!

本日の目標は達成です。

時間があれば温泉でも入って下山したいですが、

雨も降って雷がゴロゴロしてるので元箱根からバスで小田原駅まで行き

そこでメンバーと解散しました。


この箱根旧街は日頃ウォーキングをしてるせいか?

思ったより大変ではなかったです。

今回は箱根旧街道ハイキングを参考にして、ほぼ同じルートを歩きました。

箱根を登る時このサイトがオススメです。


メンバーのみなさんお疲れ様です!

久しぶりに山登りをしましたがいいですね!

雪道登山・金時山からの絶景富士山を見ながら名物きのこ汁@金時娘の茶屋

この時は1人で登りましたが、メンバーと歩くといいもんです。




ランキングに参加中です。
下のバーナーをクリックして下さると嬉しいです。



にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


スパイスブログ認定スパイス大使
スパイスブログ認定スパイス大使





marueキャンプ場オープン!

ezBBQ country – cabins & camping
神奈川県南足柄市 金時山麓 夕日の滝 にあるキャンプ場



お気に入りのお散歩ショット&スポット
[PR]

by pesce0414 | 2012-06-02 13:27 | 散策・旅行 | Comments(0)